第12回 JBFシンポジウム オンライン学会

#レポート2021.03.24

第12回 JBFシンポジウムが、2021年3月9日(火)~11日(木)に開催されました。
予定では、東京都の緊急事態宣言が明けて、現地で開催されるはずでしたが、東京都の緊急事態宣言が2週間延長されたため、全てオンラインでの開催となりました。

今回のシンポジウムで印象的だったのは、青森大学の寺村先生の“バイオアナリストにとって最も大切な役割とは何か?”でした。ご講演の内容は、バイオアナリストの使命として測定結果から得られた数字を正しく理解・評価することという事でした。私は約10年間ポスドクとして実験を行っていました。今回ご講演をお聞きして改めてその通りだと感じました。数字は、うそをつけませんが、数字の意味を正しく理解出来ていないと正しく測定結果を評価することが出来ないという事です。この内容は、測定結果という単なる数字に意味づけを研究者はしなければなりません。つまり、正しく得られた数字を理解出来ないと間違った意味づけをしてしまいます。その為、得られた数字を正しく理解することは研究者にとって最も重要な事だと私は、思っております。

初オンライン学会に参加した感想として良かった点は、時間的拘束が無かった点です。これは、会場への移動時間が掛からない事や空き時間を自由に使うことが出来ました。興味のある演題だけ参加することも可能ですし、ヨーロッパから講演される先生もいらっしゃいました。残念に思った点は、時間的拘束が無かった事に対する逆の感想になると思いますが、通常の学会は会場に集まって開催されるので、空き時間等を使って会場に来られた方との親睦を深める事が出来ますし、会場に展示されている製品に関してメーカーから詳しく教えて頂くことも可能ですが、オンラインではセミナーに参加するだけで概要しか分かりません。通信環境に依存するのか視聴中に何度か止まってしまう場面があり講演を部分的に聞き逃してしまいました。
通常の開催とオンライン開催の両方を経験させて頂き、それぞれに良さがありました。今後もオンラインでの学会、また展示会も増えていくと思いますので、オンラインの良さを生かして参加をしていきたいと思います。

担当 東京営業所 S.T.

医薬、食品、環境、材料、バイオなど、様々な分野で使用される分析機器・理化学機器および各種消耗品のことなら中部科学機器へ

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
Page Top